しなやかな「内視鏡手術支援ロボット」公開 慶大医学部チーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
慶応大が開発した手術支援ロボット。右上のモニターを見ながら医師が操作する=同大提供
慶応大が開発した手術支援ロボット。右上のモニターを見ながら医師が操作する=同大提供

 慶応大医学部のチームは、体内に挿入する部分(直径34ミリ)が柔軟に曲がる内視鏡手術支援ロボットを開発し、試作機を公開した。患者の負担が小さく、体の深い部分にも届くようになるという。2020年代半ばの実用化を目指す。

 手術では、胸や腹に開けた穴から手術器具が付いたロボットを挿入する。既存のロボットは体に入れる部分が曲がらないため、患者の体に複数の穴を開ける必要があった。…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

注目の特集