理研チーム、切っても元に戻る物質開発 温度によって硬くも軟らかくも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 切っても元通りにくっつき、温度によってゴムやプラスチックみたいになる――。そんな不思議な「ポリマー」を開発したと、理化学研究所のチームが7日付の米科学誌に発表した。安く簡単に大量合成でき、侯召民(こうしょうみん)・理化学研究所グループディレクターは「さまざまな使い方が可能で、幅広い産業応用が期待できる」と話す。

 ポリマーは有機化合物を何重にもつなげた構造を持つ物質。今回、独自開発した触媒で、有機化合物のエチレンとアニシルプロピレンを合成した。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集