メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避妊や中絶、具体例明記 指導要領外の性教育、都が手引素案

 東京都教育委員会は、教員向けの「性教育の手引」に、中学の授業で学習指導要領の範囲を超えて避妊や人工中絶を扱う場合の具体例を明記する。素案が7日の作成委員会(委員長=石川哲也・神戸大名誉教授)で了承された。昨年、足立区立中学が3年生の授業で避妊や中絶を取り上げたのに対して都議が「不適切だ」と批判し、性教育のあり方が議論になったのを踏まえ、姿勢を明確にする。

 石川委員長によると、手引は全国各地の教委が作成しているが、学習指導要領を超える授業の具体例を示した…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです