メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「組踊」は琉球ミュージカル 銀座で300周年イベント 2月11日開催

東京・銀座で開かれる組踊300周年記念のイベント「琉球王朝の息吹を今に伝える」のポスター。初めての人にも楽しめる内容という

 組踊(くみおどり)をご覧になったことはあるだろうか。「聞いたことはある」、あるいは「沖縄の踊りかな?」ぐらいはご存じかもしれない。

 実は、今年は組踊300周年にあたる。記念のイベント「琉球王朝の息吹を今に伝える」が11日、東京・銀座6丁目の再開発ビル「GINZA SIX」地下3階にある観世能楽堂で開かれる。初めての人にも楽しめる、解説を交えた1時間半のプログラム。連休に銀ブラも兼ねてぜひ足を運んでいただきたい。

 組踊は琉球王国の時代、1719年(日本でいえば、徳川吉宗の時代)、中国からの冊封使をもてなすための役目、踊奉行に任ぜられた玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)が創作した、いわば琉球ミュージカルだ。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  3. “松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談 全打席敬遠「タイムスリップしたらまたやる」 響く怒声、飛ぶメガホン(第3回)

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです