メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「組踊」は琉球ミュージカル 銀座で300周年イベント 2月11日開催

東京・銀座で開かれる組踊300周年記念のイベント「琉球王朝の息吹を今に伝える」のポスター。初めての人にも楽しめる内容という

 組踊(くみおどり)をご覧になったことはあるだろうか。「聞いたことはある」、あるいは「沖縄の踊りかな?」ぐらいはご存じかもしれない。

 実は、今年は組踊300周年にあたる。記念のイベント「琉球王朝の息吹を今に伝える」が11日、東京・銀座6丁目の再開発ビル「GINZA SIX」地下3階にある観世能楽堂で開かれる。初めての人にも楽しめる、解説を交えた1時間半のプログラム。連休に銀ブラも兼ねてぜひ足を運んでいただきたい。

 組踊は琉球王国の時代、1719年(日本でいえば、徳川吉宗の時代)、中国からの冊封使をもてなすための役目、踊奉行に任ぜられた玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)が創作した、いわば琉球ミュージカルだ。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです