メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

情報提供:カートップ

クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある

 自動車には当然のように車両本体価格という定価が存在しているが、そこに値引きがプラスされるということはほとんどの方が認識している点だろう。もちろん、新しいモデルは値引き幅が小さく、モデル末期になれば値引き幅が大きくなるというのが一般的だが、不人気車種というのも値引き幅が大きくなる傾向にある。もちろん、月に数台売れればいいような超高級車は別だが……。

 そこで今回はいい点は多々あるものの、残念ながら不人気車となってしまっているオススメ現行車をご紹介しよう。

1)トヨタ・カローラスポーツ

不人気車

 昨年6月に登場した新世代カローラの第1弾となるハッチバックモデルであるカローラスポーツ。それまで頑なに5ナンバーサイズを維持していたカローラシリーズのメインストリーム車種がついに3ナンバー化となった点でも話題を集めた。

不人気車

 トヨタの新プラットフォーム、TNGAの採用や通信モジュールを標準装備したコネクテッドカーという点はもちろん、1.2リッターターボモデルには6速MTも用意されているにもかかわらず、販売台数は月販目標台数の2300台前後を行ったり来たりとやや物足りない状態が続いている。ただ、クルマとしてのポテンシャルは非常に高い点は間違いないので、狙ってみるのも悪くないハズだ。

不人気車

  

2)ホンダ・アコードハイブリッド

不人気車

 一時期はモータースポーツにも参戦し、スポーツグレードも用意されていたことで一定のファンがいたアコードも、今ではすっかり日陰の存在となってしまっている。しかし、ホンダが誇る2モータースポーツハイブリッドシステムであるi-MMDは、モーター走行がメインとなるタイプのハイブリッドであり、走行フィールはスポーティなものなのである。

不人気車

 先日登場したばかりの新型インサイトも同様のシステムを搭載しているが、アコードのほうが車格はもちろんエンジン排気量もモーター出力も上。それでいてインサイトの上級グレードが362万8800円なのに対し、アコードのベースグレードが385万円とそれほど差がなく、買い得度は高いのだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです