メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
特集ワイド

映画「盆唄」の中江裕司監督 なぜ福島を描くのか

ハワイの日系人の盆踊りを映し出した、ドキュメンタリー映画「盆唄」の1場面=©2018テレコムスタッフ

「人は長い線上の一地点にいるだけ」 日本文化、ハワイで「培養」

 さほど興味がなかった盆踊りの笛、太鼓を聞くうちにいつの間にか吸い込まれていく--。映画「盆唄(ぼんうた)」は原発事故でひどい目に遭った福島の人々の復活を描きながら、先祖代々受け継がれてきた「日本人」とは何かを深く掘り下げる。「故郷不明者」を自任する中江裕司監督(58)に福島を表現する意味を聞いた。【藤原章生】

 原発事故後の福島を描いた作品は幾つもある。ドキュメンタリー映画「盆唄」も故郷喪失の嘆きをつづった話…

この記事は有料記事です。

残り3414文字(全文3651文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです