メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

映画「盆唄」の中江裕司監督 なぜ福島を描くのか

ハワイの日系人の盆踊りを映し出した、ドキュメンタリー映画「盆唄」の1場面=©2018テレコムスタッフ

「人は長い線上の一地点にいるだけ」 日本文化、ハワイで「培養」

 さほど興味がなかった盆踊りの笛、太鼓を聞くうちにいつの間にか吸い込まれていく--。映画「盆唄(ぼんうた)」は原発事故でひどい目に遭った福島の人々の復活を描きながら、先祖代々受け継がれてきた「日本人」とは何かを深く掘り下げる。「故郷不明者」を自任する中江裕司監督(58)に福島を表現する意味を聞いた。【藤原章生】

 原発事故後の福島を描いた作品は幾つもある。ドキュメンタリー映画「盆唄」も故郷喪失の嘆きをつづった話…

この記事は有料記事です。

残り3414文字(全文3651文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです