メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

映画「盆唄」の中江裕司監督 なぜ福島を描くのか

ハワイの日系人の盆踊りを映し出した、ドキュメンタリー映画「盆唄」の1場面=©2018テレコムスタッフ

「人は長い線上の一地点にいるだけ」 日本文化、ハワイで「培養」

 さほど興味がなかった盆踊りの笛、太鼓を聞くうちにいつの間にか吸い込まれていく--。映画「盆唄(ぼんうた)」は原発事故でひどい目に遭った福島の人々の復活を描きながら、先祖代々受け継がれてきた「日本人」とは何かを深く掘り下げる。「故郷不明者」を自任する中江裕司監督(58)に福島を表現する意味を聞いた。【藤原章生】

 原発事故後の福島を描いた作品は幾つもある。ドキュメンタリー映画「盆唄」も故郷喪失の嘆きをつづった話…

この記事は有料記事です。

残り3414文字(全文3651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです