メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 終戦の迫るドイツ。部隊を脱走した兵士ヘロルト(マックス・フーバッヒャー)は、ナチス将校の軍服を拾い、寒さをしのぐためにそれを身に着けた。そこに一人の兵士が現れ、彼は大尉に成りすます。制服と自身の言葉以外、地位を証明するものはない。それでも彼はその後も出会った兵士を次々と服従させてゆき、“ヘロルト親衛隊”が誕生する。やがて彼らがたどり着いたのは脱走兵たちの収容所。へロルトは偽りの身分のまま、法を無視した残虐な大量処刑を実行する。これが実話だというから驚きだ。

 果たしてこれは戦争という特殊な状況だから起きたことなのだろうか。その場を取り繕ったり、ちょっとした…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです