メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度当初予算案 一般会計7511億円 /群馬

 県は7日、総額7511億2000万円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。7年連続の増加で、大沢正明知事が予算編成を手がけた08年度以降で最大の予算規模となった。国の「国土強靱(きょうじん)化策」に沿った防災・減災事業や、20年春開業予定のコンベンション施設事業費などの公共事業費が膨らんだ。歳入では、SUBARU(スバル)の業績悪化などが影響し県税収入は前年度を下回る見込みで、県債や基金で穴埋めする。予算案は18日開会の県議会に提出される。【杉直樹】

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1198文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです