メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肺がん

がん細胞、死滅法解明 金沢大教授ら、根治期待 /石川

研究成果を説明する金沢大がん進展制御研究所の矢野聖二教授(左)=金沢市角間町で、日向梓撮影

 がん細胞を狙い撃ちする「分子標的薬」から、たんぱく質を使って生き延びる肺がん細胞のメカニズムを、金沢大がん進展制御研究所の矢野聖二教授(腫瘍内科)を中心とした共同研究チームが解明した。たんぱく質の働きを抑える薬と併用することで、肺がんの根治が期待できるという。このほど英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に発表した。

 研究は、日本人の肺がん患者の25%で確認される「EGFR」と呼ばれる遺伝子の変異に特化したもの。こ…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです