メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

伏見・大岩山の不法投棄土砂 京都市、要撤去の見解 行政代執行も検討 /京都

 京都市伏見区の大岩山で不法投棄された土砂などが昨年7月の西日本豪雨で崩れ、住宅街に迫った問題で、京都市は7日、斜面が安全な勾配となるよう土砂を撤去する必要があるとの見解を示した。市は土地の管理会社(栃木県)に恒久的な安全対策工事を求めており、同社が撤去しない場合は行政代執行も検討している。

 土砂は市内の土木業者が2017年6月から投棄を始め、18年1月に市が管理会社に指導した斜面の是正工事名目で崩落後も増え続けた。市が土砂撤去の必要性を明…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです