メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「焼肉ドラゴン」上映会 在日コリアン一家、生き生きと描く あすから県内6カ所 3・1独立運動100周年 /福岡

 1970年ごろの大阪(伊丹)空港近くの在日コリアン集落を舞台に、たくましく生きる家族の姿を描いた映画「焼肉ドラゴン」の上映会が9日~3月、福岡市内など県内6カ所で開かれる。

 映画配給や自主上映を企画する「九州シネマ・アルチ」(福岡市中央区春吉)や福岡映画サークル協議会、在日本大韓民国民団県地方本部などでつくる「映画『焼肉ドラゴン』を福岡で観(み)る会」の主催。観る会は、アルチの吉村秀二代表(64)が、日本の植民地政策に抵抗した朝鮮半島の3・1独立運動から今年で100周年を迎えるのを機に呼びかけ、昨年末に設立した。

 作品は在日3世の劇作家、鄭義信(チョンウィシン)さんの監督デビュー作で昨年公開。08年度芸術選奨演…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです