メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2019

児童虐待 増え続ける通告・相談

小4女児死亡事件で開いた記者会見で謝罪する千葉県柏児童相談所の二瓶一嗣所長(右)ら=千葉県庁で5日午後

 全国の警察が昨年、児童相談所に通告した18歳未満の子どもは8万104人で過去最多だった。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件では、児相の不手際や判断ミス、関係機関との連携不足が浮上した。全国的に増え続ける通告や相談に対応するため、政府は児童福祉司の増員など体制強化を急いでいるが、経験の浅い職員が増えることへの不安も指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2371文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです