メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

児童虐待 増え続ける通告・相談

小4女児死亡事件で開いた記者会見で謝罪する千葉県柏児童相談所の二瓶一嗣所長(右)ら=千葉県庁で5日午後

 全国の警察が昨年、児童相談所に通告した18歳未満の子どもは8万104人で過去最多だった。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件では、児相の不手際や判断ミス、関係機関との連携不足が浮上した。全国的に増え続ける通告や相談に対応するため、政府は児童福祉司の増員など体制強化を急いでいるが、経験の浅い職員が増えることへの不安も指摘されている。

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2371文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです