メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 政府、幕引けず 野党の追及続く 参院予算委

毎月勤労統計の不正調査は今後も国会の焦点

 厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題は、早期幕引きを図った政府・与党の思惑が外れ、8日以降の国会でも論戦の焦点だ。報道各社の世論調査では今のところ安倍内閣の支持率に影響は出ていないが、解明されていない点は多く、野党は「質問力」を試されることになる。【影山哲也】

 厚労省の特別監察委員会による職員への聞き取り調査に定塚由美子官房長らが同席していたため、4日から始まった衆参両院予算委員会では調査の中立性が問題になった。「厚労省による組織的な隠蔽(いんぺい)は認定できなかった」という1月22日の報告書の結論が特別監察委の再調査で変わらなければ、野党は簡単に引き下がらない構えだ。

 7日の参院予算委で共産党の倉林明子氏は「(厚労省は)身内だけで問題を処理しようとした。政府の対応そ…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1039文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです