メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

将棋の羽生九段、27年ぶり無冠 AIに対応し盛り返せるか=丸山進(東京学芸部)

27年ぶりに無冠となり、対局を振り返る羽生善治竜王(右)。手前は広瀬章人新竜王=山口県下関市で2018年12月21日、上入来尚撮影

 将棋の羽生善治九段(48)が昨年12月、防衛を懸けた竜王戦七番勝負にフルセットの末に敗れ、無冠となった。将棋界のタイトルは現在八つある。3年前に持っていた4冠は、2016年に佐藤天彦名人(31)に名人を奪われて以降、次々と奪われた。竜王戦は先に3勝目を挙げ防衛するかと思われたが、連敗しての失冠。平成の最後に歴史的な瞬間を迎えた。

 羽生九段が初めてタイトルを取ったのは1989年12月の竜王戦。1年後に谷川浩司九段に奪われて「前竜王」を名乗ったが、4カ月後の91年3月に棋王を奪取。以来27年間、何らかのタイトルを持ち続けた。昨年末に無冠になって肩書は「九段」。段位を名乗るのは、タイトルを取る前の六段以来、29年ぶりだ。

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2027文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです