メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

将棋の羽生九段、27年ぶり無冠 AIに対応し盛り返せるか=丸山進(東京学芸部)

27年ぶりに無冠となり、対局を振り返る羽生善治竜王(右)。手前は広瀬章人新竜王=山口県下関市で2018年12月21日、上入来尚撮影

 将棋の羽生善治九段(48)が昨年12月、防衛を懸けた竜王戦七番勝負にフルセットの末に敗れ、無冠となった。将棋界のタイトルは現在八つある。3年前に持っていた4冠は、2016年に佐藤天彦名人(31)に名人を奪われて以降、次々と奪われた。竜王戦は先に3勝目を挙げ防衛するかと思われたが、連敗しての失冠。平成の最後に歴史的な瞬間を迎えた。

 羽生九段が初めてタイトルを取ったのは1989年12月の竜王戦。1年後に谷川浩司九段に奪われて「前竜…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです