メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

将棋の羽生九段、27年ぶり無冠 AIに対応し盛り返せるか=丸山進(東京学芸部)

27年ぶりに無冠となり、対局を振り返る羽生善治竜王(右)。手前は広瀬章人新竜王=山口県下関市で2018年12月21日、上入来尚撮影

 将棋の羽生善治九段(48)が昨年12月、防衛を懸けた竜王戦七番勝負にフルセットの末に敗れ、無冠となった。将棋界のタイトルは現在八つある。3年前に持っていた4冠は、2016年に佐藤天彦名人(31)に名人を奪われて以降、次々と奪われた。竜王戦は先に3勝目を挙げ防衛するかと思われたが、連敗しての失冠。平成の最後に歴史的な瞬間を迎えた。

 羽生九段が初めてタイトルを取ったのは1989年12月の竜王戦。1年後に谷川浩司九段に奪われて「前竜王」を名乗ったが、4カ月後の91年3月に棋王を奪取。以来27年間、何らかのタイトルを持ち続けた。昨年末に無冠になって肩書は「九段」。段位を名乗るのは、タイトルを取る前の六段以来、29年ぶりだ。

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2027文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです