メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

人間の行動を予測するAI=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 統計がすべてといった時代に、国の統計そのものが疑わしい数値だとしたら、それに基づいて立案する政策そのものが疑わしいものとなる。厚生労働省の統計不正が、大きな問題とされるのは当然だ。

 昨今、大きく取り上げられるようになった人工知能(AI)だが、その理論の基本は、推測統計である。推測統計とは、無作為抽出された部分集団から抽出元全体を推計する統計学である。推測統計の理論そのものはそう進化しているわけではない。今になって「AI」という言葉が、将来の産業から暮らしまで変えるテクノロジーとして流布するようになったのは、ネットワーク技術の革新で、膨大なデータをリアルタイムで集積し、分析…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです