メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマート和食のポイント

 頑張らないで、いつの間にか病気を予防する健康対策が注目されている。環境や常識を変えることで、無理なく、自然に健康になるという方法論だ。花王が提唱する「スマート和食」と、「ナト・カリ」塩という塩の食品応用の実情を見た。

 ●理論基にチェック

 「あれー、減ってますね」。岩手県北上市の男性(47)は不思議そうだ。同市のガス会社「笠井」で先月下旬に花王が開いた内臓脂肪面積測定会。男性は年末年始で体重が増え、恐る恐るの測定だったが、昨年7月の124平方センチから114平方センチに下がっていた。厚生労働省によると内臓脂肪が100平方センチを超えると、「高血糖・脂質異常・高血圧の合併率が高く」なる。男性は順調にいけば危険域から脱出できそうだ。

 男性が取り組んだのは花王が提供した1週間ごとのチェックシートを実践することだけ。昨秋に比べ、「脂の…

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです