メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本大会 ALS研究にスクラム レジェンドの遺志継ぎ募金活動 11月の決勝まで

 全身の筋力が徐々に低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」で亡くなった伝説的なラガーマンの遺志を継ぎ、元ラグビー日本代表主将の広瀬俊朗さん(37)を含むラグビー関係者らが7日、治療研究を支援する募金活動「チャレンジJ9」を始めた。9月20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会決勝のある11月2日まで寄付を募る。

 伝説的なラガーマンとは1995年のW杯で南アフリカ代表のスクラムハーフ(SH)として開催国優勝に貢…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです