メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

リチウムイオン蓄電池事故 5年で2.5倍 7割は火災

発煙・発火したリコール品のモバイルバッテリー(実験)=NITE提供

 ノートパソコンなどに使うリチウムイオン蓄電池について、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、発火などの事故が2013年度から17年度の5年間に582件発生したと発表。約7割の402件が火災になっていた。事故は年々増加しており、13年が70件、17年は175件で2・5倍になった。

 リチウムイオン蓄電池は、ノートパソコンやスマートフォンの本体やバッテリーなどに使用。スマートフォンを充電するモバイルバッテリーの事故が150件、次いでノートパソコン142件、スマートフォン79件など。ほか、電動アシスト自転…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです