メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

サヤ姫とふしぎな赤い実/8

サヤ姫とふしぎな赤い実 8

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 小浜(こはま)ユリ 絵(え) 片山若子(かたやま・わかこ)

 二人(ふたり)を乗(の)せたクンピは、ものすごい速(はや)さで森(もり)をかけぬけました。サヤ姫(ひめ)の耳(みみ)に、ビュンビュンと風(かぜ)を切(き)る音(おと)が聞(き)こえます。振(ふ)り落(お)とされないよう、サヤ姫(ひめ)はクンピの首(くび)にしっかりとしがみつき、目(め)を閉(と)じていました。けれど少(すこ)しなれてくると、おそるおそる目(め)を開(ひら)きました。

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1472文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです