メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

サヤ姫とふしぎな赤い実/8

サヤ姫とふしぎな赤い実 8

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん) 小浜(こはま)ユリ 絵(え) 片山若子(かたやま・わかこ)

 二人(ふたり)を乗(の)せたクンピは、ものすごい速(はや)さで森(もり)をかけぬけました。サヤ姫(ひめ)の耳(みみ)に、ビュンビュンと風(かぜ)を切(き)る音(おと)が聞(き)こえます。振(ふ)り落(お)とされないよう、サヤ姫(ひめ)はクンピの首(くび)にしっかりとしがみつき、目(め)を閉(と)じていました。けれど少(すこ)しなれてくると、おそるおそる目(め)を開(ひら)きました。

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです