メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コードギアス 復活のルルーシュ

待望の完全新作でルルーシュ“登場”! ナイトメアの迫力のアクションも

劇場版アニメ「コードギアス 復活のルルーシュ」の一場面 (C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2018 CLAMP・ST

 人気アニメ「コードギアス」シリーズ完全新作の劇場版アニメ「コードギアス 復活のルルーシュ」(谷口悟朗監督)が9日、新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開される。主人公ルルーシュが親友スザクに討たれた「ゼロレクイエム」で一度は完結を迎えたストーリーのその後が描かれる。死んだはずのルルーシュの“登場”も大きな見どころだ。

 新作の舞台は、ゼロレクイエムから2年後の光和2年。世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。しかし、平和は突如として終わりを告げる。仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまう。シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで謎のギアスユーザーに襲われる。そして、その場には襲撃者に「元嚮主(きょうしゅ)様」と呼ばれる、C.C.(シーツー)がいた……というストーリー。

 先に公開された劇場版3部作に続く物語として描かれている。劇場版3部作ではテレビシリーズとは一部異なるストーリーも描かれている。より新作を楽しむためには3部作を予習することをおすすめしたい。新作はC.C.やスザク、ナナリー、カレンといったおなじみのキャラクターはもちろん、ジルクスタン王国側のシャムナ、シャリオといった新キャラクターも魅力的だ。ナイトメアフレーム同士の戦闘シーンも迫力を増している。

 やはり「コードギアス」の世界の新たな物語を見られることへの喜びはファンにとって大きいだろう。そして待望のルルーシュの“登場”。「復活のルルーシュ」というタイトルがどんな意味を持つのか、スクリーンでぜひ確かめてほしい。

 「コードギアス」シリーズは、ギアスという特殊能力を得た少年ルルーシュが、全世界を覆す反逆の戦いに身を投じる姿を描いたアニメ。第1期「反逆のルルーシュ」が2006~07年、続編「反逆のルルーシュ R2」が08年に放送され、劇場版「亡国のアキト」も公開された。17年10月~18年5月には、テレビアニメの第1期と続編の全50話に新作カットを加えて再構成し、テレビシリーズと同じキャストで新たにアフレコした劇場版3部作が公開された。(岡本温子/MANTAN)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです