メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松井玲奈

オーディションで「自分が持つ“女の子”を試された…」 見たことない台本も

オムニバス映画「21世紀の女の子」の初日舞台あいさつに登場した松井玲奈さん

 女優の松井玲奈さんが8日、東京都内で行われたオムニバス映画「21世紀の女の子」の初日舞台あいさつに登場した。短編の一つ「reborn」に主演した松井さんは、オーディションの際、「潜在的に自分が持っている“女の子”というものを試されているような気がした。いろんな監督さんが思う“21世紀を生きている女の子”というイメージを、演じる側が具現化していくんだろうなと感じていたので、いつにない緊張感がありつつも不思議なパワーがみなぎるオーディション会場で、すごく楽しかった」と振り返っていた。

 「21世紀の女の子」は、山戸結希監督が企画・プロデュースを務め、自身を含めた1980年代後半から90年代生まれの新進映画監督15人が、“自分自身のセクシャリティーあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマに8分以内の短編で表現するオムニバス作品。

 松井さんは台本を手にした時の印象を、「今まで見たことがないシステムの台本だった」と驚いたことを明かし、「黒い字と黄色い字と青い字と赤い字があって、(各色の文字それぞれで)一人の人間のいろいろな内面の部分が描かれているんだと思い、それをひもといていくのが楽しかった」と役作りについて語った。

 舞台あいさつには、「離ればなれの花々へ」主演の唐田えりかさん、「粘膜」主演の日南響子さん、山戸監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督も登場。今回の撮影を通して唐田さんは「完成した作品を見たら言葉にならない涙があふれたのですが、見てくださった方も共感して涙を流してくださる方もいるかもしれない。それはきっと一人一人が愛を込めて作ったから」と涙ぐみつつ、「これから出合う作品一つ一つに愛を込めて、皆さんの思いや人生を変えていけるような役者になりたい」と力強く宣言していた。

 一方、日南さんは、「自分が好きなものとか、感性や愛とかそういったものに対して、たまに疑問に思うことがある。そういう疑問をこの映画を見て、応援されている気がした。本当にいろんな形のものがあるという感覚を得たので、見た方もそういうふうに感じていただけたら」とコメント。

 そして松井さんは、「一つ一つは小さな力だったとしても、それが大きくなることで上映する場所が増えたり、監督さんたちが各短編を持っていろいろな映画祭に行くことができるということを聞いて、すごくすてきな企画だなと思いました」と語り、「女の子というタイトルなので男の人は敬遠しちゃうのかなって思いますけど、女の子というタイトルだからといって見る人を限定する作品ではまったくない」と笑顔で呼びかけていた。

 「21世紀の女の子」は、松井さん、唐田さん、日南さんのほか、橋本愛さん、朝倉あきさん、石橋静河さん、伊藤沙莉さん、北浦愛さん、木下あかりさん、倉島颯良さん、黒川芽以さん、瀧内公美さん、堀春菜さん、三浦透子さん、モトーラ世理奈さん、山田杏奈さんが各短編で主演を務めている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです