メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元号選定手続き 前例踏襲を決定

 政府は8日午前、5月1日の新天皇即位に伴う新元号の選定手続きについて、「平成」に改めた際の前例を踏襲することを決めた。菅義偉官房長官を議長とする「元号選定手続検討会議」を持ち回りで開いて決定し、閣議で報告した。新元号を、首相が選んだ「若干名」の考案者に元号候補の考案を委嘱し、各界の有識者による懇談会などを経て閣議で最終決定する。菅氏は記者会見で、改元の政令は4月1日に閣…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです