メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元号選定手続き 前例踏襲を決定

 政府は8日午前、5月1日の新天皇即位に伴う新元号の選定手続きについて、「平成」に改めた際の前例を踏襲することを決めた。菅義偉官房長官を議長とする「元号選定手続検討会議」を持ち回りで開いて決定し、閣議で報告した。新元号を、首相が選んだ「若干名」の考案者に元号候補の考案を委嘱し、各界の有識者による懇談会などを経て閣議で最終決定する。菅氏は記者会見で、改元の政令は4月1日に閣…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです