メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号 良い意味、漢字2字…6条件沿う案で絞り込み 選定作業本格化

記者会見で、「平成」と書かれた額を掲げて、新元号を発表する小渕恵三官房長官=首相官邸で1989年1月7日、東京本社写真部員撮影

 政府は8日、皇位継承に伴う新元号の選定手続きについて、1989年1月の「平成」への改元手続きを踏襲することを決めた。菅義偉官房長官が議長の「元号選定手続検討会議」を持ち回りで開いて決定し、この日の閣議で報告した。4月1日の新元号公表に向けた政府内の選定作業が本格化する。また政府は、新元号の公表直前に、天皇陛下だけでなく皇太子さまにも新元号を報告することを検討中だ。

 検討会議は菅氏のほか、西村康稔、野上浩太郎、杉田和博の3官房副長官▽古谷一之官房副長官補▽横畠裕介内閣法制局長官▽山崎重孝内閣府事務次官――の計7人で構成。菅氏は記者会見で、改元の政令を4月1日に閣議決定した上で、国民に周知する公布も同日に行うと表明した。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです