メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルンバの次は芝刈り機「テラ」 アイロボット、欧米市場に参入

米アイロボットが開発した家庭用のロボット芝刈り機「テラ」=同社提供・共同
ホンダが販売する家庭用のロボット芝刈り機「ミーモ」=同社提供・共同

 ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米アイロボットは、自動で芝を刈り充電も自らする家庭用の芝刈り機「テラ」を発表した。年内にドイツで発売するほか、米国でも試験販売する。日本で発売するかどうかは明らかにしていない。

 ホンダは2012年にロボット芝刈り機「ミーモ」を発売し、日米欧で累計約5万7000台を販売。スウェーデンの農林・造園機器大手ハスクバーナも競合製品を展開しており、欧米の芝生を舞台に火花を散らしそうだ。

 テラは芝を刈る周囲に通信機能を持つ標識を設置し、動く範囲を決める。電池の残量が低下すると充電機器に自ら接続するほか、スマートフォンの専用アプリを使って芝の長さや運転時間も調整できる。価格は今後発表する。

 ミーモは芝を刈る範囲にワイヤを張り巡らせる仕組み。障害物に当たると方向転換する機能があり、25度の勾配まで上れる。

 ホンダはサッカーJ3ガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取(鳥取県米子市)が行っている休耕地を使った芝生生産事業に協力。芝生管理にミーモが活用されている。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです