メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手詰まり感漂う日本政府 徴用工問題、韓国から回答なく期限

元徴用工判決を巡る日韓両国の主張

 日本政府が日韓請求権協定に基づいて要請した元徴用工らへの賠償問題を巡る政府間協議について、韓国政府は応じるかどうかを期限の8日までに回答しなかった。日本側は「次の一手」として、同協定に基づく仲裁委員会の設置を視野に入れるが、韓国側が設置に同意する見通しはない。日韓関係は好転の兆しが見えず、日本政府には手詰まり感も漂う。【秋山信一】

 「韓国政府は、協定違反の状態を是正する措置をとっておらず、極めて深刻だ」。菅義偉官房長官は8日の記者会見で、協議の要請に応じない韓国側を批判した。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです