メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手詰まり感漂う日本政府 徴用工問題、韓国から回答なく期限

元徴用工判決を巡る日韓両国の主張

 日本政府が日韓請求権協定に基づいて要請した元徴用工らへの賠償問題を巡る政府間協議について、韓国政府は応じるかどうかを期限の8日までに回答しなかった。日本側は「次の一手」として、同協定に基づく仲裁委員会の設置を視野に入れるが、韓国側が設置に同意する見通しはない。日韓関係は好転の兆しが見えず、日本政府には手詰まり感も漂う。【秋山信一】

 「韓国政府は、協定違反の状態を是正する措置をとっておらず、極めて深刻だ」。菅義偉官房長官は8日の記…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文789文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです