メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手詰まり感漂う日本政府 徴用工問題、韓国から回答なく期限

元徴用工判決を巡る日韓両国の主張

 日本政府が日韓請求権協定に基づいて要請した元徴用工らへの賠償問題を巡る政府間協議について、韓国政府は応じるかどうかを期限の8日までに回答しなかった。日本側は「次の一手」として、同協定に基づく仲裁委員会の設置を視野に入れるが、韓国側が設置に同意する見通しはない。日韓関係は好転の兆しが見えず、日本政府には手詰まり感も漂う。【秋山信一】

 「韓国政府は、協定違反の状態を是正する措置をとっておらず、極めて深刻だ」。菅義偉官房長官は8日の記者会見で、協議の要請に応じない韓国側を批判した。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです