JR千歳線に約1時間10分の遅れ 走行中の列車から車掌が眼鏡落とす

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 7日午後9時40分ごろ、北海道北広島市のJR千歳線北広島駅付近を走行中の普通列車の車掌が「眼鏡がなくこれ以上乗務できない」と指令センターに連絡した。JRは代わりの車掌を手配したため、列車は約1時間10分遅れ、乗客約300人に影響が出た。

 JR北海道によると、列車は札幌発苫小牧行き(6両)で、手前の…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

あわせて読みたい

ニュース特集