リュウグウノツカイ 保育園児ら大きさにびっくり 新潟・上越

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大きなリュウグウノツカイに目を見張る保育園児ら=新潟県上越市で19年2月7日、浅見茂晴撮影
大きなリュウグウノツカイに目を見張る保育園児ら=新潟県上越市で19年2月7日、浅見茂晴撮影

 新潟県上越市立水族博物館「うみがたり」で、貴重な深海魚、リュウグウノツカイが展示されている。市内の海岸に漂着したもので、全長4.95メートル、体重45キロ。7日には来館した保育園児らが、その大きさにびっくりしていた。

 同館によると、同市虫生岩戸の海岸で近くの住民が5日夕、漂着したリュウグウノツカイを発見、6日に同館に連絡してきた。すでに死んでいたが、比較的状態が良く、展示に耐え…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集