メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肺がん細胞 死滅法解明 金沢大教授ら 根治に期待

 がん細胞を狙い撃ちする「分子標的薬」から、たんぱく質を使って生き延びる肺がん細胞のメカニズムを、金沢大がん進展制御研究所の矢野聖二教授(腫瘍内科)を中心とした共同研究チームが解明した。たんぱく質の働きを抑える薬と併用することで、肺がんの根治が期待できるという。このほど英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に発表した。

 研究は、日本人の肺がん患者の25%で確認される「EGFR」と呼ばれる遺伝子の変異に特化したもの。こ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです