メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ事例をAIで分析 将来は深刻化予測も 大津市教委

いじめ重大化をAIで予測(え・堀内まりえ)

 過去に小中学校から寄せられたいじめの事例をAI(人工知能)で分析する取り組みを大津市教委が今春から始める。類型化して各校に参考にしてもらうほか、将来はいじめが深刻化する確率をAIに試算させることも検討する。同市では2011年に、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒が自殺しており、市は「いじめの早期発見・対応につなげたい」と期待している。

 市の19年度当初予算案に、データの加工費など91万円を計上した。市によると全国初の取り組み。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  4. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  5. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです