虐待事案の緊急安全確認を 1カ月以内、関係閣僚会議で強化策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相(中央)。左から2人目は根本匠厚生労働相=首相官邸で2019年2月8日午前8時4分、川田雅浩撮影
児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相(中央)。左から2人目は根本匠厚生労働相=首相官邸で2019年2月8日午前8時4分、川田雅浩撮影

 千葉県野田市で小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、政府は8日、首相官邸で児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議を開いた。全国の児童相談所(児相)で在宅指導しているすべての虐待事案と、全国の公立小中学校・教育委員会で虐待が疑われるケースについて、厚生労働省と文部科学省がそれぞれ1カ月以内に緊急的な安全確認を行うなど、対策の強化策を取りまとめた。

 安倍晋三首相は「子どもたちを守るとりでとなるべき学校、教育委員会、児相や周りの大人たちが悲痛なSOSの声を受け止めず、幼い命を守れなかったことは悔やみきれない。子どもの命を守ることを最優先にあらゆる手段を尽くし、やれることはすべてやる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文867文字)

あわせて読みたい

注目の特集