メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

模型を使って探査機はやぶさ2の小惑星リュウグウへの着陸運用について説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー(右)=東京都千代田区で2019年2月6日、永山悦子撮影

 探査機はやぶさ2が22日午前、小惑星リュウグウへの着陸、表面の物質の採取に挑むことが決まった。「リュウグウが牙をむいた」と表現されたほど、表面がデコボコで着陸の適地がない星だったが、プロジェクトチームの総力を挙げた解析と検討を経て「難敵」の攻略法が編み出された。津田雄一・プロジェクトマネジャーは6日に開かれた記者会見で、「エンジニアリングでは100%はありえないが、リュウグウの厳しさを技術的に克服しきることはできたと思う。私たちの想定の範囲内では成功すると考えている。間違いなく進めるために全力を尽くしたい」と自信を見せた。チームが難題を乗り越え、着陸の決断にいたった経緯をまとめた。【永山悦子】

 はやぶさ2が着陸するには、ある程度の広さのある平らな場所が必要だ。表面の物質を採取する際、探査機の機体の下にある筒状の「サンプラーホーン」(長さ1メートル)を小惑星表面に押しつける。サンプラーホーンはバネ状になっており、表面に押しつけられたときに縮むため、高さ60センチを超える岩があると、機体の底面の装置が傷つく恐れがある。

 はやぶさ2にはもともと、100メートル四方程度の平らな場所があれば、そこへ探査機を誘導する能力は備わっていた。先代のはやぶさが探査した小惑星イトカワには、細かい砂に覆われた「ミューゼスの海」と呼ばれるかなり広い地域があり、はやぶさはそこへ着陸しており、それを参考にして設計された。

この記事は有料記事です。

残り3442文字(全文4048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです