メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

模型を使って探査機はやぶさ2の小惑星リュウグウへの着陸運用について説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー(右)=東京都千代田区で2019年2月6日、永山悦子撮影

 探査機はやぶさ2が22日午前、小惑星リュウグウへの着陸、表面の物質の採取に挑むことが決まった。「リュウグウが牙をむいた」と表現されたほど、表面がデコボコで着陸の適地がない星だったが、プロジェクトチームの総力を挙げた解析と検討を経て「難敵」の攻略法が編み出された。津田雄一・プロジェクトマネジャーは6日に開かれた記者会見で、「エンジニアリングでは100%はありえないが、リュウグウの厳しさを技術的に克服しきることはできたと思う。私たちの想定の範囲内では成功すると考えている。間違いなく進めるために全力を尽くしたい」と自信を見せた。チームが難題を乗り越え、着陸の決断にいたった経緯をまとめた。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3747文字(全文4048文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです