メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか

模型を使って探査機はやぶさ2の小惑星リュウグウへの着陸運用について説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー(右)=東京都千代田区で2019年2月6日、永山悦子撮影

 探査機はやぶさ2が22日午前、小惑星リュウグウへの着陸、表面の物質の採取に挑むことが決まった。「リュウグウが牙をむいた」と表現されたほど、表面がデコボコで着陸の適地がない星だったが、プロジェクトチームの総力を挙げた解析と検討を経て「難敵」の攻略法が編み出された。津田雄一・プロジェクトマネジャーは6日に開かれた記者会見で、「エンジニアリングでは100%はありえないが、リュウグウの厳しさを技術的に克服しきることはできたと思う。私たちの想定の範囲内では成功すると考えている。間違いなく進めるために全力を尽くしたい」と自信を見せた。チームが難題を乗り越え、着陸の決断にいたった経緯をまとめた。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3747文字(全文4048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです