メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ちぃたん☆運営会社「市がデザイン確認」と主張 須崎市長「信頼なくなった」

(右)高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」=松原由佳撮影、(左)ゆるキャラのイベントで高知県にやって来た「ちぃたん☆」=高知県須崎市で、北村栞撮影

 高知県須崎市のキャラクター「しんじょう君」の著作権を侵害しているとして、市が類似するゆるキャラ「ちぃたん☆」を運営する芸能プロダクションに対し、ちぃたん☆の活動停止を申し入れたことについて、運営元の「クリーブラッツ」(東京都)は8日、社の見解を発表した。ちぃたん☆の制作過程で複数回、市の担当者にデザインを確認してもらっていると主張。「須崎市の権利を制限する意図はない」としている。一方で市は同日、見解を受けて楠瀬耕作市長が「当初一定の便宜は図ったが、著作権侵害まで認めていない。独善的な数々の行為で信頼は完全になくなった」などと反論するコメントを出した。【松原由佳】

 クリーブラッツによると、ちぃたん☆のモデルとなった同名のコツメカワウソが須崎市の観光大使に就任する…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです