メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待 防止、問われる実行 政府強化策公表

児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相(左から3人目)=首相官邸で2019年2月8日午前8時5分、川田雅浩撮影

 千葉県野田市で小学4年の栗原心愛(みあ)さんが死亡した事件を受けて政府が公表した児童虐待対策の強化策は、児童相談所(児相)と学校との連携強化などを盛り込んだものの、新味に欠ける内容となった。東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)の事件を受けて政府が昨年まとめた緊急総合対策(7月)や児童虐待防止に関する強化プラン(12月)で政府として出せるものは出し切っていたからだ。

 結愛ちゃんの事件では2018年1月に香川県善通寺市から東京都目黒区に転居したが、児相間の情報共有が…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 皮膚の細胞から3Dプリンターで人工血管 透析患者への移植を申請
  5. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです