メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田純平さんも登壇 戦争取材テーマに報告会

パネルディスカッションに登壇する安田純平さん(右から2人目)ら=東京都内で2019年2月1日、吉永磨美撮影

 世界の紛争地、戦争取材の方法と意義を話し合う報告会「安田純平さんと語る『ジャーナリストはなぜ危険地を取材するのか』」(危険地報道を考えるジャーナリストの会主催)が1日、東京都内で開かれた。仏紙「ルモンド」の東京特派員、フィリップ・メスメール記者を招き、シリアで拘束され、昨年解放された安田さんとジャーナリストたちが登壇した。

 同会は、ジャーナリストの後藤健二さんが2015年1月、シリアで過激派組織「イスラム国」に殺害された事件をきっかけに、日本のジャーナリストを中心に結成された。戦争や紛争地、災害地取材の重要性を広く訴えることを目的にしている。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです