特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

センバツプレーバック

プラカードで華やかに 五輪メダリスト・人見絹枝が発案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出場校のプラカードを手に、注意事項を聞くボーイスカウト=兵庫県西宮市で1960年3月27日撮影
出場校のプラカードを手に、注意事項を聞くボーイスカウト=兵庫県西宮市で1960年3月27日撮影

 大会をより華やかなものにするため、センバツでは第6回大会から校名を書いたプラカードを先頭に入場行進するようになった。また、勝利チームをたたえ、校歌の吹奏と校旗掲揚も始まった。発案したのは大阪毎日新聞社運動課員だったアムステルダム五輪(1928年)女子800メートル銀メダリストの人見絹枝。校旗掲揚と校歌吹奏の栄えある第1号は大阪の八尾中(現・八尾)だった。

次に読みたい

あわせて読みたい