メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

馬桜さん、人情じっくり3部公演 日本橋で11日

鈴々舎馬桜さん

 3連休はイベント、エンタメが目白押し。寒い季節だからこそ、落語でほっこり温まりたい。と思っていたら、鈴々舎馬桜(れいれいしゃ・ばおう)師匠からメールをいただいた。「11日に建国記念の日プロデュース公演を開きます。お時間がありましたらぜひ」

 昨年、大病をされて心配していたが、無事に復帰されたようでなにより。「建国記念の日」のタイトルでちょっと尻込みしたが、そういうイベントではまったくない。三つの落語会をやってしまおうという、また思い切った企画だ。

 東京メトロ・三越前駅近くの「お江戸日本橋亭」で11日に開く落語会。第1部(正午、2500円)は「馬桜着物の会」。着物のお客さんには馬桜さんの手ぬぐいをプレゼントという趣向で、馬桜さんが「淀五郎」「七段目」という芝居にちなんだ2席。「歌舞伎役者の裏話もまくらに振ります」とのことだ。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです