メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者、県内8138人 18年10月末 人数・事業所とも最多 /沖縄

沖縄労働局

 沖縄労働局(安達隆文局長)は7日、2018年10月末現在の県内の外国人労働者数が前年同期比828人増(11・3%増)の8138人に上ったと発表した。外国人労働者を雇用する事業所数は同146カ所増(10・1%増)の1591カ所となった。労働者数、事業所数ともに07年に届け出が義務付けられて以来、過去最高を更新した。

     国籍別で見ると、ネパール人が1998人と最も多く、外国人労働者全体の24・6%を占めた。次いでベトナム人が1186人(14・6%)、フィリピン人が1014人(12・5%)と続いた。

     在留資格別では「留学生」が2365人で最も多く、全体の29・1%を占めた。次いで「専門的・技術的分野」が2152人、永住者や定住者、日本人を配偶者に持つ人などの「身分に基づく在留資格」が1808人となった。

     産業別では、その他を除いて一番多いのが「宿泊業・飲食サービス業」で1435人、次いで「卸売業・小売業」が1135人、派遣業やビルメンテナンス業も含む「サービス業」が1001人となっている。

    (琉球新報)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
    2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
    3. 天皇在位30年式典、共産党は不参加
    4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
    5. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです