メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

意外なアレンジ法も!一汁一菜のバリエーションを広げる万能食材3選[一汁一菜生活のススメ vol.5]

情報提供:クックパッド 利用規約

一人暮らしをされている方にとって、料理とはどういう行為でしょうか。お料理大好き!という方もいる一方で、料理はめんどくさい、継続するのがむずかしいという方もいるでしょう。一汁一菜スタイルで一人暮らしごはんを愉しんでいるフードプランナー・山口祐加さんが、“料理の肩コリ”をほぐすお話をお届けします。気張らず、毎日のごはんをおいしくいただくコツとは?

飽きのこない食卓を作る3つの食材

料理に関するお悩みでよく聞くのが「バリエーションが増やせない」というお話。新しい食材や調理法に挑戦するのは少し勇気がいりますし、好みに合わなかったらどうしようと気が進まないこともありますよね。

そこで今回は、私の一汁一菜生活に欠かせない、料理のバリエーションを増やしてくれる3つの食材をご紹介します。おかずにも汁物にも使える優秀食材を味方につけて、飽きのこない食卓をつくりましょう。

万能食材その1:「魚の干物」

ここ数カ月、家に常備しているのが魚の干物です。干物は焼く以外に選択肢がないと思っていたのですが、アレンジの幅を狭めているのは自分かも?と思い、焼く以外の料理法を考えてみることに。

F639103f98f93b3fb25008b7dd2ec320 魚の干物

魚の干物のおいしさは、なんと言っても凝縮された魚のうまみ。干すことによってアミノ酸が増え、無駄な水分もなくなり、味が濃厚になります。個人的には、鮮魚を焼くよりも干物を焼いた方がずっとおいしくてご飯が進みます。

「魚の干物=うまみが凝縮した高たんぱく質の食品」と抽象化したとき、それってベーコンと同じように使えば良いのでは?と思い、魚の干物=魚のベーコンと捉えて料理にアレンジしてみました。

まず干物料理でおすすめしたいのは、アジの干物とキャベツの5分煮込み。鍋に干物とざく切りのキャベツをどっさり入れて、水:酒=1:1で煮込むだけの料理です。簡単、かつ出汁が効いていてとてもおいしい。鍋一つで済むので洗い物も最小限です。干物は煮てもおいしいという大発見でした。

Ff9169ff84989e2212bfb45636869b0c 干物とキャベツの煮込み

そのほかにも、塩サバを使ったポテトサラダはぜひ作っていただきたい一品です。鯖缶にはない、焼いた鯖ならではの香ばしさがたまらなくおいしく、おつまみにぴったりです。

Dec223e957f6301dd3a049cb6fdfc600 塩サバのポテトサラダ

20940d9ab60c6f98f9e71d48463097ac 塩サバはほぐしてチャーハンにも

そして、ちりめんじゃこや桜えびも干物の一種です。ちりめんじゃこは冷凍すれば日持ちしますし、桜えびは常温で保存が可能です。どちらも炒め物やチャーハン、良い出汁が出るのでスープの具材として使えますよ。

3d3860f26660964c1581f954e3f4a5bd 明太子とちりめんじゃこのお茶漬け

Bb8f7fd4ce1d50d6fffb002faea4c31c ミツバと桜えびのスープ

万能食材その2:「豚バラ肉」

豚バラ肉は、よく使われる方も多いと思います。炒め物、煮物、肉巻き、野菜蒸し、丼、豚汁、どんな料理にも寄り添ってくれる優秀な食材ですよね。

私はこれらの料理のほかにも、豚バラを細かく刻んで餃子のたねにしたり、豚バラを使った炒め物を残しておいて、あんかけを作って丼にしたりしています。中途半端に残った野菜で作るみそ汁も、豚バラが入るだけで豪華な豚汁に様変わりします。

F861d4a07f4c63e0df18f930e8ba342d 豚バラを入れた豚汁

万能食材その3:「油あげ」

油あげは汁物やおひたしを作るときに大活躍してくれるので、切らすことなく常備しています。

油あげを買ってきて、みそ汁に入れるサイズに切って冷凍庫に入れておき、冷凍のままだしに入れれば良いので便利です。食材がほとんどなくても、野菜1種+油あげを入れるだけで立派なみそ汁に。油あげ自体に旨味があるので、汁物がまとまる印象があります。

また、時間があるときは油あげをフライパンで焼き、焦げ目をつけてから汁に入れると香ばしさが倍増しておいしくなりますよ。

80571140f5d4552e20c0c5dac05c04c6 油揚げ入りのみそ汁

今回の記事で特におすすめしたいのは、なんと言っても魚の干物です。魚は鮮度が命なので、スーパーが開いている時間に買い物に行けない人にとってはなかなか手が出せないかもしれません。でも、干物であれば冷凍庫で保存が効くので安心です。旨味が凝縮された魚の干物の料理、ぜひお試しあれ!


山口祐加さんの「今日からはじめる一汁一菜料理ワークショップ 」開催!

3975d6a3b569a226530d39f1cd1a7f14

2019年3月12日(火)、本連載のコラムニスト・山口祐加さんが一汁一菜スタイルの実践方法をレクチャーするワークショップが開催されます。当日は、山口さんが作った“スープアイデアキット”を使って、参加者ご自身で一汁を作ったり、山口さんが一汁一菜のデモンストレーションをしながらお料理のコツをお伝えして、最後には参加者全員で食卓を囲んで一汁一菜の晩ご飯をいただきます。料理を始めてみたい方、料理の続け方がわからない方、ぜひお気軽にご参加ください!

>>ワークショップ詳細・参加お申込みはこちら


山口祐加

859218a49ea5e91ebe6eb3d590abd3db フードプランナー、ライター。1992年東京生まれ、慶應義塾大学総合政策学部卒業。出版社、PR会社を経て独立。両親共働きで、母親に「ゆかが料理を作らないと晩御飯ないよ」と笑顔でおどされ、7歳のときに料理に目覚める。一人暮らしを始めた時から一汁一菜を実践し、TwitterInstagramnote など、SNSを中心に料理と食の楽しさを発信中。好きな食べ物はみそ汁。


LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです