メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

右ハンドルの国内仕様が本邦初公開! 新型スープラに注目のトヨタブース[大阪オートメッセ2019]

情報提供:カートップ

右ハンドルの国内仕様が本邦初公開! 新型スープラに注目のトヨタブース【大阪オートメッセ2019】

ハンドリング重視のディメンジョンを実車で確認!

 大阪オートメッセ2019にて、新型スープラ(90スープラ)の日本仕様が初公開となった。新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデル。

スープラ

 すでに今年1月のデトロイトモーターショーで、世界初披露となったGRスープラだが、右ハンドルの国内仕様は、この大阪オートメッセ2019でのデビュー。

 GRスープラの特徴は、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能にこだわったところ。

スープラ

 ホイールベースは、2シーターに割り切ることで86よりも100mm短い2470mmとし、ホイールベース:トレッド比は、ピュアスポーツカーとしてもかなり小さい1.55というスペック。1,520kg(社内測定値)という大きな車体のスポーツカーとしては、操縦性、回頭性に振ったディメンションだということがよくわかる。

スープラ

 エンジンは、スープラ伝統の3リッター直6ツインスクロールターボ(340馬力)の「RZ」と、2リッター4ツインスクロールターボの「SZ-R」(258馬力)と「SZ」(197馬力)の3種類。

 重心高は、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低重心を達成。前後重量バランスも、FR理想とされる50:50にまとめられていて、パフォーマンスはかなり期待できる。

スープラ

 今日が初日の大阪オートメッセ2019に来場できる人は、GRブースに行って、まずはGRスープラのディメンションを自分の目で確認してみよう。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです