メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

535 「はやぶさ2」のサンプル採取/2

弾丸をぶつけクレーター作る

 「はやぶさ2」では、弾丸(だんがん)を撃(う)ち込(こ)んで小惑星(しょうわくせい)のサンプルを舞(ま)い上げる採取方法に加えて、爆薬(ばくやく)を使って銅板の弾丸を加速し、人工のクレーターをつくる衝突(しょうとつ)装置(インパクター)が考案されました。インパクターは、直径30センチ、高さ20センチの円筒(えんとう)形で、質量は14キロほど。この装置は「はやぶさ2」の底面に設置され、「はやぶさ2」の降下中に分離(ぶんり)されます。そして間合いを見計らって、空中で爆破(ばくは)。その時に加速・放出された銅板(約2キロ)が、秒速2キロ以上まで瞬時(しゅんじ)に加速しながら、半球状に変形し(図1)、スピンをしながら小惑星の表面に激突(げきとつ)して直径数メートルのクレーターをつくります。

 実は、小惑星の表面物質は、太陽風によって「風化」することが知られていて、前回述べた「サンプラー」方…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1391文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです