特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

暴力団

五輪控え銃「自重」通達 関東の6団体、摘発強化を警戒か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
暴力団組織でつくる「関東親睦会」が加盟組織に銃の使用を自重するよう求めた文書
暴力団組織でつくる「関東親睦会」が加盟組織に銃の使用を自重するよう求めた文書

 全国で暴力団関係者による発砲事件が相次ぐ中、関東の主要暴力団組織でつくる団体が今月、加盟組織に対し銃器使用の「自重」を求める通達を出した。警視庁は2020年東京五輪・パラリンピックを控え、暴力団側が警察の摘発強化を警戒していることの表れとみている。

 通達を出したのは、指定暴力団住吉会や稲川会など関東の暴力団6団体が加盟する「関東親睦会」。在京暴力団同士のトラブル処理などを担った「関東二十日会」の後継団体として、2014年に発足したとされる。

 捜査関係者などによると、通達は2月上旬に加盟組織にファクスで送付された。内容は発砲事件が相次いでいることに触れたうえで「東京五輪・パラリンピックに向けて、銃器の使用の自重を改めて要請する」としている。それぞれの組織から末端組員に周知されたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1280文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集