メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリー学芸賞

4氏が報告会 切り口独特、知の探究

「第40回サントリー学芸賞」の受賞者たちによる研究報告会=大阪市北区で、須藤唯哉撮影

 パチンコ産業、浪花節、水族館、江戸時代の文人--。独創的なテーマの著作物を出した研究者による報告会が先月、大阪市北区であった。2018年度で40回目を迎えたサントリー学芸賞(サントリー文化財団主催)の受賞者9人のうち、西日本にゆかりのある4人で、研究内容や今後の抱負などを語った。

 京都大在学中から在日韓国・朝鮮人による産業の歴史について関心を寄せてきた北海道大大学院准教授の韓(ハン)載香(ジェヒャン)さんは『パチンコ産業史』で受賞。当初、ばくち的な性格が強かったパチンコ産業は規制に適応することで成長し、巨大市場へと発展したという。「規制すると産業が停滞すると思われるが、必ずし…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです