メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者就労支援所

団子の香り再び 岐阜・郡上の老舗が復活

 岐阜県郡上市で約70年間親しまれながら閉店した老舗団子屋が昨年11月、社会福祉法人が運営する障害者の就労支援事業所として復活した。伝統の味を受け継ぎつつ、障害者の自立につなげようと奮闘している。

 郡上おどりで知られ夏は多くの観光客でにぎわう郡上市。古い町並みが残る旧城下町の一角で、「団子茶屋郡上八幡」の店先から香ばしい匂いが漂う。

 「いらっしゃいませ」。笑顔で客を迎えた牧野千里さん(47)は中等度の知的障害がある。店長が団子を焼…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです