メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「20年は長かった」 国賠訴訟、証人尋問で70代女性 /宮城

 強制不妊手術を巡る国賠訴訟で全国初の証人尋問が8日、仙台地裁(中島基至裁判長)で行われた。10代で強制不妊手術を受けたとして20年以上前から被害を訴えてきた原告の一人の70代、飯塚淳子さん(活動名)は「20年は長かった。国は謝罪してほしい」と改めて訴えた。

 「うそのまま、人生をかたづけられたくない」。法廷で、飯塚さんは語気を強めた。飯塚さんが手術された背景には、行政による多くのうそが介在していた。中学生の時、やっていない…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです