メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「20年は長かった」 国賠訴訟、証人尋問で70代女性 /宮城

 強制不妊手術を巡る国賠訴訟で全国初の証人尋問が8日、仙台地裁(中島基至裁判長)で行われた。10代で強制不妊手術を受けたとして20年以上前から被害を訴えてきた原告の一人の70代、飯塚淳子さん(活動名)は「20年は長かった。国は謝罪してほしい」と改めて訴えた。

 「うそのまま、人生をかたづけられたくない」。法廷で、飯塚さんは語気を強めた。飯塚さんが手術された背景には、行政による多くのうそが介在していた。中学生の時、やっていない…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです