メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洋上風力発電

由利本荘沖の計画 市民団体が中止要望 県などに 「景観悪化、健康被害も」 /秋田

 国内最大級の洋上風力発電施設が由利本荘市沖の日本海に設置される計画があり、地元住民らでつくる市民団体は8日、県と由利本荘、にかほ両市に対し、計画の中止を求める要望書を提出した。景観が悪化し、健康被害も懸念されるなどとしている。【中村聡也】

 この施設を巡っては、県が2015年に由利本荘沖を洋上風力発電の候補海域に指定したのを受け、東京の再生可能エネルギー会社「レノバ」が中心の合同会社が17年3月、県に事業計画を示した。

 計画では、沖合約1・5キロの洋上に、南北約30キロにわたって最大90基の風車を設置。21年に着工し…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです