メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八ッ場ダム

「桜の花 また会おうね」 水没地域、前橋へ移植 /群馬

 八ッ場ダム(長野原町)の建設に伴い水没する旧長野原町立東中学校の跡地に立っていた桜の木が5日、前橋市の「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」に移植された。再び満開の花をつけるには少なくとも1、2年間はかかる見通しで、関係者は「ふるさとのシンボル」が復活する日を心待ちにしている。【杉直樹】

 桜は高さ約8メートル、重さ14トンのソメイヨシノで、樹齢推定50~100年。中学校跡地に8本あったうちの1本。多額の費用がかかることから1本だけ移すことになった。

 5日は前橋市内の三つの幼稚園・こども園から園児約60人が、運び込まれた木を立ちあげる作業を見学し、…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです