メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほど脳

遺伝子の働きの変化 祖父の育ち方が影響も=中村克樹 /愛知

 親から子にさまざまなことが遺伝します。風貌や運動能力や知能や性格、さらには病気になりやすさまで。ただ、遺伝ですべてが決まるわけではありません。環境の影響も大きいのです。一般にがんや心臓病になる原因は、遺伝が3割で環境が7割だといわれます。喫煙が、がんになる危険性を高めるのは、環境の影響の分かりやすい例です。

 遺伝だけでなく環境が行動に強く影響することを示した実験があります。ミツバチには、どう猛な種類と、非常に温厚な種類がいます。どう猛なミツバチは、警戒フェロモンという分子によって次第に凶暴になっていくのです。研究者は、ふ化したばかりの幼虫を入れ替えて巣に戻しました。すると、凶暴な種類のミツバチが温厚に育ち、温厚なミツバチが凶暴に育ったのです。もちろん、遺伝子は変わっていません。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです