メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 県立大津高校家庭科学科 全て手作り、童話上演 /滋賀

劇を披露する大津高校家庭科の生徒たち=大津市におの浜2の西武大津店で、諸隈美紗稀撮影

 県立大津高校で「保育」を選択する24人が先月22日、西武大津店(大津市)で、童話「おおきなかぶ」をリメークした「さつまいもほり」などの創作劇を披露し、買い物で訪れた子供を楽しませた。

 同校は家庭科学科がある県内唯一の高校。3年になると週に4コマ、「被服・食物・保育」に分かれて専門的な学習をする。

 今回の劇は昨秋、卒業課題のために作ったもので、脚本はもちろん、小道具なども全て手作りした。「さつまいもほり」の劇では、土の中から魚を引き出し、「これは、なんだろう?」などと問いかけたり、引き抜き役を決めるじゃんけんに参加してもらったり、子供が飽…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです