メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民家に鳥居をしつらえたような泥松稲荷=京都府八幡市で、松井宏員撮影

 ◆京都府八幡市

深まる安兵衛さんの謎

 前回から1カ月空いたので、ざっとおさらいしておこう。京阪八幡市駅から歩き始めた東高野街道の旅は、前置きが長くなったんで、相槌(あいづち)神社までのせいぜい500メートルほどしか進めなかった。ちょっとペースを上げたい。

 相槌神社を後にする。しばらく進んで振り返ると、突き当たりに神社の鳥居が見え、その背後に男山。石畳の道が旧街道の風情を醸す。

 市が建てた道標があちこちにあって、進むべき道と名所旧跡を示してくれるので歩きやすい。自治体によって…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです