メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
外国人労働者

県など、共生支援ネット設立 増加で部会 /鳥取

 改正入管法の4月施行に伴う外国人労働者の増加を想定し、県や教育機関、商工・医療団体などは「県多文化共生支援ネットワーク」を設立し、8日、県内3カ所で地域部会を開いた。県は労働人材の受け入れだけでなく、さまざまな文化・宗教を持つ外国人との共生を図り、生活全般の支援にも力を入れる。

 県交流推進課によると、地域部会には市町村の担当者の他、県在住の外国人も参加。インドネシア出身のイスラム教徒の女性は…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです